【お願い】
現在、水生植物園では、柵老朽化による護岸工事のため、白鳥・カモなどへの
エサやりは、内沼(砂浜)でお願いします。ご協力をお願いします。


宮城県栗原市における高病原性鳥インフルエンザの発生について】 
栗原市内で令和4年10月4日(火)と14日(金)にそれぞれマガン1羽の死亡個体が回収され、遺伝子検査で高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)が検出されました。野鳥に関する監視が強化されています。万一、野鳥の死体を発見された場合には、下記の留意点を参考に、ご対応下さいますようよろしくお願いいたします。
◯環境省・野鳥への接し方
https://www.env.go.jp/content/900490305.pdf
◯環境省・高病原性鳥インフルエンザに関する情報
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/bird_flu/index.html


【渡り鳥飛来情報】

【伊豆沼・内沼クリーンボランティア(団体)募集】
 ・クリーンボランティア事前申込書はこちら
 ・クリーンボランティア参加者名簿はこちら


【最新情報】






*伊豆沼・内沼でドローンを飛ばすときの注意

授乳室ご利用希望の方は、スタッフまでお申し出ください。